不眠症の症状とは | 通販で買える!症状によって服用する種類が変わる睡眠薬
沢山の種類の薬がある

不眠症の症状とは

不眠症、と一言に言っても、どういう状況で不眠になってしまうのかによって種類が変わってきます。
なので、通販サイトで睡眠薬を購入する際には、自分がどのタイプの不眠症の症状を抱えているのかを知っておく必要があるのです。
不眠症の症状は、大まかに「入眠困難」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の4種類にわけられます。
まず、入眠困難の症状は、布団に入ってもなかなか眠りにつくことができない状態を指します。
眠りたいと思っているのに、30分経っても1時間経っても眠れない…そんな夜はありませんか?
それこそまさに入眠困難の症状なのです。
明日も朝早いのになかなか眠れないのは相当なストレスになりますし、眠れないということを考え始めるとどんどん頭が冴えてしまう、なんてことも起こりうるので、不眠症の症状の中でも非常に厄介なものになります。

次に、中途覚醒の症状は、眠っているのに途中で何度も目が覚めてしまう、その後もう一度眠りにつけなくなってしまう状態を指します。
この症状を抱えている人は少ない傾向にありますが、怪我の痛みや高齢化に伴う頻尿などで起こりうることが多いので、いつかは自分にも発症するかもしれない症状でもあります。

早朝覚醒の症状は、起床予定時刻よりも早く目が覚めてしまう状態を指します。
数十分の早起きならちょっと早く起きられてラッキー!と思うかもしれませんが、早朝覚醒は2時間以上も前に目が覚めてしまい、その後眠れないようになってしまうので、睡眠時間がかなり削られてしまいます。

最後に、熟眠障害の症状は、十分な時間眠ったはずなのに寝た気がしない状態を指します。
十分眠ったのにも関わらず、もっと眠っていたい…と思ってしまうほど質の悪い睡眠を取っているのです。

今自分が悩んでいる不眠症の症状に当てはまるものがあったでしょうか。
睡眠薬の種類にも関係してくるので、明確に症状を把握しておきましょう。