副作用には要注意 | 通販で買える!症状によって服用する種類が変わる睡眠薬
処方箋の中身を確認

副作用には要注意

睡眠薬の副作用は怖い…そういうイメージが世の中に広がっていると思います。
医薬品には副作用がつきものなので、睡眠薬に関しても副作用が絶対に出ない!とは言い切ることはできません。
睡眠薬の副作用として出やすいと言われているのは、効果の持ち越しです。
もう効果は切れているはずなのに、昼になっても眠気が残ってしまう、というような副作用がたまに見られます。
朝スッキリと目が覚めないこともあるので、やや不快な朝を迎えてしまう可能性があります。
これは、効果が強く出過ぎてしまったことによる副作用なので、服用する際に一緒に摂取した何かに問題があることが多いです。
また、運動能力が低下するとも言われています。
睡眠時には血圧や体温が下がり、それに伴い筋力も低下するので、睡眠薬を服用することによって同じ状態が発生します。
それが起床後にも残ってしまうことがあるのです。めったに出ることがない副作用ですが、もともとの体質や年齢が影響することもあるので、十分気をつけましょう。

これらの副作用が出るリスクを高める要因を作っているのは、服用している本人である傾向が非常に高いと言われています。
つまり、服用方法をきちんと守り、食生活や生活習慣なども気をつけ、規則正しく生活していれば、副作用に怯える必要はないということなのです。
睡眠薬は、正しく服用すれば効果絶大の優れた医薬品です。その恩恵を受けるためにも、正しく服用するようにしましょう。